企業情報

Message from the President

ITの”常識”に変革と新しい価値基準を



私達JBSテクノロジーは、IT業界向けにITインフラのプロフェッショナルサービスを提供する会社として、常に変革と進化を繰り返すことでお客様に感動と新たな価値を提供し社会に貢献することをミッションとしています。



豊富な人的資源と、設立当初より培ってきた現場での設計・構築・運用経験、JBSグループの強みであるマイクロソフトソリューションを軸にし、お客様のDigital transformationの実現を支援する“プロフェッショナル集団”として、なくてはならない存在を目指します。

貫 幾太郎
IKUTARO NUKI

JBSテクノロジー株式会社
代表取締役社長

会社概要

名称 JBSテクノロジー株式会社(JBS Technology ,Inc)
住所

〒105-6316
東京都港区虎ノ門1-23-1 虎ノ門ヒルズ森タワー16F

TEL: 03-6772-4200(代表)
FAX: 03-6772-4201

設立 2004年6月1日
資本金 8,020万円
代表者 代表取締役社長 貫 幾太郎
役員構成 取締役:牧田 和也
取締役:和田 行弘
取締役:星 誠
監査役:園部 英樹
常務執行役員:石川 文敏
常務執行役員:須藤 太
執行役員:齋藤 普吾
株主 日本ビジネスシステムズ株式会社(JBS)
社員数 979名 (2017年10月現在)
取引銀行 三菱東京UFJ銀行 長原支店、みずほ銀行 品川支店、三井住友銀行 浜松町支店
事業内容 ITインフラ設計・構築サービス
IT運用サービス
IT運用設計・コンサルティングサービス
認証

一般労働者派遣 許可番号 派13-306153

ISO / IEC 27001:2013 & JIS Q 27001:2014
事業者名:日本ビジネスシステムズ株式会社 / JBSテクノロジー株式会社
適用範囲:日本ビジネスシステムズ株式会社による ITソリューションサービスの提供
JBSテクノロジー株式会社による IT 運用サービスの提供
取得規格:ISO/IEC 27001:2013 / JIS Q 27001:2014
登 録 日:2005年5月20日
有効期限:2020年5月15日
登録番号:IS 93767
審査機関:BSI グループジャパン株式会社
付与機関:一般財団法人日本情報経済社会推進協会(JIPDEC)米国適合性認定機関(ANAB)

認証マーク

プライバシーマーク(JIS Q 15001)
事業者名:JBSテクノロジー株式会社
適用規格:JIS Q 15001:2006
登録番号:第21001120(01)号
有効期限:2016年5月12日~2018年5月11日
審査機関:一般財団法人日本データ通信協会認定(JADAC)
付与機関:一般財団法人日本情報経済社会推進協会(JIPDEC)

プライバシーマーク
URL https://www.jbst.co.jp/

組織図

    FY18組織図

沿革

2004年
6月1日会社設立(資本金:2,000万円)
2005年
5月20日ISO/IEC27001取得
2006年
4月1日第三者割当増資(新資本金:8,020万円)
2006年
12月18日本社移転(東京都港区芝)
2008年
1月1日名古屋営業所開設
2010年
1月25日本社移転(東京都港区芝)
2012年
4月1日西日本事業所開設
2012年
7月2日中部事業所移転
2014年
8月18日本社移転(東京都港区虎ノ門)
2015年
10月1日ドットコムサービス株式会社 合併
2016年
7月1日九州事業所開設

事業所

北海道事業所

〒060-0001
北海道札幌市中央区北1条西3丁目3番地 札幌MNビル 6F
TEL:011-221-4300 
FAX:011-221-4301

<アクセス>
札幌駅前通地下歩行空間 9番出口より徒歩1分
市営地下鉄各線 大通駅より徒歩3分

中部事業所

〒451-0045
愛知県名古屋市西区名駅2-27-8 名古屋プライムセントラルタワー18F 
TEL:052-856-2202 
FAX:052-856-2201

<アクセス>
地下鉄「名古屋」駅徒歩4分、JR各線「名古屋」駅徒歩7分

西日本事業所

〒532-0003 
大阪府大阪市淀川区宮原3-5-36 新大阪トラストタワー16F
TEL:06-7662-7700 
FAX:06-7662-7701

<アクセス>
JR線・地下鉄御堂筋線「新大阪駅」4番出口より徒歩4分

九州事業所

〒805-0071 福岡県北九州市八幡東区東田1-5-7 九州ヒューマンメディア創造センター3F
TEL:093-280-1169 
FAX:093-280-3174

<アクセス>
JR「八幡」駅より徒歩5分

アクセスマップ

JBSテクノロジー株式会社

住所:
〒105-6316
東京都港区虎ノ門1-23-1 虎ノ門ヒルズ森タワー16F
電話:
03-6772-4200
■銀座線
虎ノ門駅(1番または4番出口)より徒歩5分
■日比谷線
神谷町駅(3番出口)より徒歩6分
■三田線
内幸町駅(A3出口)より徒歩7分
■JR
新橋駅(烏森口)より徒歩11分

個人情報保護方針

JBSテクノロジー株式会社(以下、「当社」という)は、お客様に機能としてのサービスを提供するのではなく、お客様が求めるものは何かを読みほどくための3つのアプローチをもって、IT分野における運用サービス、構築サービス、開発サービスを提供しております。サービスを提供するにあたり、当社の事業の用に供するすべての個人情報をより厳正に取り扱うため、当社全従業者が遵守すべき行動基準として本個人情報保護方針を定め、その遵守の徹底を図ることといたします。

  1. 当社は、個人情報の取り扱いに関する法令、国が定める指針、その他の規範を遵守するため、日本工業規格「個人情報保護マネジメントシステム‐要求事項」(JIS Q 15001)に準拠した個人情報保護マネジメントシステムを策定し、適切に運用いたします。
  2. 当社は、事業の内容及び規模を考慮した適切な個人情報の取得、利用及び提供を行います。それには、特定された利用目的の達成に必要な範囲を超えた個人情報の取り扱いを行わないこと及びそのための措置を講じることを含みます。
  3. 前項の措置により取得した個人情報の取り扱いの全部又は一部を委託する場合、個人情報の安全管理が図られ情報管理を徹底するよう、委託を受けたものに対し適切な監督・指導を行います。
  4. 取得した個人情報は、法令で定める場合を除き、本人の同意なしに第三者への提供は行いません。
  5. 個人情報保護に関して、組織的、物理的、人的、技術的に適切な対策を実施し、安全管理措置を行います。また、個人情報への不正アクセス、個人情報の漏洩、滅失又はき損などのリスク防止のため、安全対策及び是正措置を講じます。
  6. 個人情報の取り扱いに関する苦情及び相談への適切かつ迅速な対応に努めます。また、保有する開示対象個人情報の開示等の求め(利用目的の通知、開示、訂正・追加・削除、利用・提供の停止)に対する窓口を設置し、対応いたします。
  7. 個人情報保護マネジメントシステムを継続的に見直し改善いたします。

制定:2005年3月1日
改定:2015年10月7日
JBSテクノロジー株式会社
代表取締役社長 貫 幾太郎

個人情報の取扱いについて

JBSテクノロジー株式会社
個人情報保護管理者
須藤 太
当社は、業務上利用する個人情報について以下のとおり利用目的を特定いたします。
取得した個人情報は、法令で定める場合を除き、この利用目的に必要な範囲内においてのみ利用いたします。

  1. 当社の採用選考に応募される方の個人情報採用選考のための資料/面接・試験及び選考結果のご連絡のため/採用時の諸手続きに関するご連絡のため
  2. お客様及び取引先企業ご担当者様の個人情報お取引上のご連絡のため
  3. 当社へお問い合わせいただいた方の個人情報当該お問い合わせ内容の確認及び回答のため
  4. お客様から委託を受ける業務に伴いお預かりする個人情報IT分野における運用サービス、構築サービス、開発サービス等委託業務遂行のため

<個人情報保護管理者>
JBSテクノロジー株式会社 常務執行役員 須藤太(連絡先は下記に記載)

<個人情報苦情及び相談窓口>
JBSテクノロジー株式会社 戦略人事部長
住所:〒105-6316 東京都港区虎ノ門1-23-1 虎ノ門ヒルズ森タワー16F
電話:03-6772-4200

(受付時間 9時~18時 土日祝日除く・営業のお電話はお断りいたします)

環境方針・品質方針

環境方針

  1. 基本理念

    JBSグループは、「すべてのリソースはお客様のご満足のために」というカスタマーファーストの基本的な考えのもと、環境問題が地球的規模の広がりを持つ次世代に及ぶ長期的な問題であるとの認識に立ち、限りある資源を有効利用し、「自然との触れ合い」を大切にし、社員やその家族、地域社会、お客様とともに、身近なところから環境保全に取り組みます。

  2. 基本方針

    JBSグループは、国内外のさまざまな事業活動を行うにあたり、以下の方針に従い、環境の基本理念の実現に努めます。

    1.環境に対する基本姿勢
     JBSグループ社員とその家族、および弊社ビジネスに関わるパートナー社員は、当社の行動指針に沿い環境保全に十分配慮します。
    2.環境関連法規の遵守
     国内外の環境関連法規を遵守します。
    3. 資源・エネルギーの有効活用
     資源・エネルギーの有効性を認識し、その有効利用に努めます。
    4. 循環型社会構築への寄与
     廃棄物の発生抑制・再利用・リサイクルに取り組み、循環型社会の構築に向けて努力します。
    5.環境保全型事業の推進
     総合力を生かし、環境保全型事業を推進し、社会の環境負荷の低減に貢献します。
    6.環境方針の周知と開示
     この環境方針は、JBSグループで働くすべての人に周知し、広く開示します。

2017年3月1日
JBSテクノロジー株式会社
代表取締役 貫 幾太郎

品質方針

JBSグループは、「すべてのリソースはお客様のご満足のために」というカスタマーファーストの基本的な考えに沿って取り組んでいます。お客様にとって「最良のシステム・最善のサービス」を提供するベストパートナーとして、常に戦略的で実践的な情報システムをお客様に提供し続けるために、高い技術力、豊富な実績に基づいて、高レベルのITサービスを実現することを心がけ、あらゆる面からの品質向上の取り組みを継続します。

1. 高レベルの技術力を追求し、お客様にご満足いただける品質の高いITサービスを提供します。
2. お客様に安定したITサービスを提供するために、事故を抑止する取り組みを継続します。
3. お客様に提供するITサービスの品質を高める活動を継続します。
4. IT業界の標準に準拠し、情報セキュリティ、品質管理、プロジェクトマネジメント、ITサービスマネジメントなど、さまざまな要素を取り入れ、標準化と業務効率化の取り組みを継続します。

2017年3月1日
JBSテクノロジー株式会社
代表取締役 貫 幾太郎

ご利用条件

著作権について

当Webサイトは、JBSテクノロジー株式会社(以下「JBST」とします)が所有、運営、管理、提供しています。当Webサイトにある、記載事項、写真等すべての情報の権利は、個々の著作物に個別の利用条件が付されている場合を除いて、当社に帰属します。当Webサイトが提供する情報を、権利者の許可なく複製、転用、販売等二次利用することを禁じます。

免責事項について

JBSTは当Webサイトで提供する情報に細心の注意を払っておりますが、その完全性、正確性、信頼性、有用性、または利用者の実用性を保証するものではありません。また、当Webサイトへのアクセスまたは利用によって発生した、いかなる損害やトラブル等に関して、JBSTは一切の責任を負いません。当Webサイトのご利用および閲覧は、利用者ご自身の責任で行ってください。


このページのトップへ